MOTION SONIC PROJECT 人のカラダに、音のチカラを

カラダの動きに合わせて、
直感的に楽しく、気持ちいい音を生みだせる。
そしてその音によって、カラダを動かすのがさらに楽しくなる。
MOTION SONIC PROJECTは、みなさんと一緒に、
今までにない音楽体験をつくりあげる活動です。

  • Facebook
  • Twitter

INTERACTION DESIGN

目指しているのは、「身体感覚と音表現の完全なシンクロ」。
マイクとジャイロセンサーなどを組み合わせ、
動作の軌道や緩急、揺らぎなどの情報を高精度に取得し、
「カラダの動きを音に変える」「カラダの動きで音楽を操る」という、
2つの体験を生みだすアイテムの開発に取り組んでいます。

REPORT

現在取り組んでいる研究や、
体験づくりの様子を公開しています。

RESEARCH #1

カラダの動きで奏でられる
音の可能性を探る。

2016.12

いろんな人たちと実験してみた。

カラダの動きに対して、音のチカラが加わったらどうなるのか。
実験機ver.3.0の可能性を探るべく、
いろいろコラボしてみました。

NEW play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC ティッシュ配り」

NEW play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC リフティング」

NEW play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC ワザ」

NEW play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC 餅つき」

play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC トランポリン」

play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC 壁ドン」

play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC 野球」

play

ただいま実験中!
「MOTION SONIC だるま前回り」

s**t kingzさんと
ワークショップを開催。

s**t kingzさんが開催するワークショップに参加したダンサーのみなさんに実験機を体験していただきました。
さすが、ダンサーのみなさん!踊りながら、音を操っています。
周りのみなさんも、ついつい踊り出す様子に、会場も大盛り上がりでした。

play

参加者のMOTION SONICダンス①

play

参加者のMOTION SONICダンス②

play

NOPPOさん & shojiさん
ダンスセッション

play

oguriさん & kazukiさん
ダンスセッション

play

記念撮影で、キラリーン★

2016.11

ダンスで音楽を奏でるプロトタイピング。

ミュージシャンが集まってジャムセッションするような感覚で、
「ダンサーが自分の踊りで音楽を奏でる」というダンスを拡張するプロトタイピング。
即興ダンスによって生み出される音楽体験をs**t kingzさんと試行錯誤しながら開発を行っています。

play

プロトタイピング
「フィルターコントロール」

play

プロトタイピング
「2つのトラック」を組み合わせる

play

プロトタイピング
「フィルターコントロール & 打撃音」

2016.10

実験機ver3.0の
体験イベントを開催。

実験機のバージョンアップを見据え、
実験機ver3.0を一般の方に体験していただきました。
「面白い!」「気持ちいい!」などの好意的な反応と
同時に、
使い方のアイデアや小型化の要望など、
参考となるフィードバックをいただくことができました。

play

デモ体験
「楽しくてたくさん動きたくなる!」

play

デモ体験
「ダンスの世界が変わる!」

play

デモ体験
「僕のパンチを受けてみろっ!」

play

デモ体験
「音の魔術師みたい!」

様々な分野のプロとともに、
音を自由に操る実験。

s**t kingzさんを始め、「バレリーナ」「ボディービルダー」「空手家」「ラッパー」といった
様々な分野のプロフェッショナルに、
今回開発した実験機ver.3.0を装着してもらい、
新たな表現づくりに挑戦しました。

Profile

play

ラッパー O-KOOL
「ラップの向こう側へ」

play

パフォーマー s**t kingz
「水の音を使ったエンターテインメント(笑)」

play

バレリーナ 光永百花
「あっ、すごい!」

play

ボディービルダー 鈴木雅
「ムキムキ!なポージング」

play

空手家 宇佐美里香
「技のキレに磨きをかける
(ノーカットエディション)」

2016.07

身体感覚と音のシンクロを
追求するためのプロトタイピング。

マイクと6軸センサーの精度を高めた実験機ver2.0を使って、
s**t kingzさんと体験のプロトタイピングを実施。
「こんな体験ができたら面白いかも」というアイデアを
その場で実装しながら、
カラダの動きと連動性の高い音づくりを追求しました。

「カラダの動きを音に変える」体験の
プロトタイピング

play

プロトタイピング
「手の動き」に音をシンクロさせる

play

プロトタイピング
「俊敏な動き」を音に変える

play

プロトタイピング
「緩急のある動き」に音でメリハリをつける

play

プロトタイピング
「素早い足さばき」を音で表現する

play

プロトタイピング
「動きを急停止」させて音を放つ

play

プロトタイピング
放った音を「手の動き」で揺らす

play

プロトタイピング
「壁ドン」の凄みを音で引きだす

play

プロトタイピング
「挨拶」に音でインパクトを与える

「カラダの動きで音楽を操る」体験の
プロトタイピング

play

プロトタイピング
「手の動き」で音楽を変化させる

play

プロトタイピング
「踊り」で音楽を変化させる

play

プロトタイピング
「踊り」で音楽をひずませる

play

プロトタイピング
「パントマイム」で音楽を遊ぶ

2016.04

様々なセンサーを使って、
様々な音をアウトプット。

s**t kingzさんの協力のもと、マイクや
6軸センサー以外の方法で
身体運動の情報を取得し、
動きを音に変換する実験を実施。
しかし、音を鳴らすことに気をとられ、
動きが制限されるという結果に。
自由な動きで音を鳴らすインタラクションの
大切さを再認識しました。

play

筋電センサー
「筋肉の動き」を音に変換する

play

曲げセンサー
「指の動き」を音に変換する

play

感圧センサー
「足の踏み込み」を音に変換する

パフォーマー「s**t kingz」との
ディスカッション。

世界を舞台に活躍するs**t kingzさんに、
実験機ver1.0を装着してもらい、
「カラダの動きを音に変える」体験を試してもらいました。
身体能力の高い彼らならではの率直な感想をヒアリング。
次なる開発の方向性を確認する場となりました。

play

機能
カラダの動きを音に変える

play

機能
カラダで音楽を操る